【ゴルフのスコアカードの記入におけるマナー】

ゴルフのスコアカードの記入におけるマナー

ゴルフの結果を書き記すものとして、スコアカードがあります。

 

 

 

スコアカードは、キャディマスター室の前に筆記具やボールマーカー、グリーンを修理するための小さなフォークと共に用意されていますので、それらの用具一式を手に取りスタートホールへと足を運びましょう。

 

 

 

スタートホールでオナーを決め、全体の打順が決まりましたらスコアカードに自分の名前、そして決まった打順の通りに同伴競技者の名前を書き入れて行きます。

 

 

 

関連記事:ゴルフで打つ順番の決め方はスタートホールから!

 

 

 

スコアの記入は各ホールをホールアウトした後、グリーンを後にしてから各自で自己申告をしてスコアを記入して行きます。

 

 

 

スコアカードにミスがないか要チェック!

 

 

記入したスコアカードを提出する場合は、各ホールごとのスコアに間違いがないかをよく確かめておく必要があります。見栄を張るなどして、決して間違ったスコアを記入することはしないようにして下さい。当然ながらスコアを低く記入することはマナー違反にあたります。

 

 

 

特に罰せられるとかそういう訳ではないですが、仮にもあなたが他の相反競技者から虚偽の報告をされたらどう思いますか?とても嫌な気分になりますし、もうこの人とは一緒にプレーをしたくないって思ってしまいます。

 

 

 

悪気がなく、ただのミスであったにしろあいつは次の試合でもスコアを低く記入してくるだろうと警戒されてしまい、もう誰もゴルフに誘ってくれなくなります。

 

 

 

それどころか、紳士淑女のたしなみのスポーツ、ゴルフで反則をしようなどというのはご法度です。人格まで疑われてしまいますから厳重な注意をしなくてはなりません。特に、ゴルフを始めたばかりである初心者の場合は、ミスショットの連続で自分のスコアが今何であるか混乱してしまいがちですので、メモを取るなどしっかりと忘れないようにしたいですね。

 

 

 

ちなみに、実際のスコアよりも低い値で提出してしまいますと競技失格になりますが、高い値であればその数値のまま結果に反映されることとなります。どっちにせよ、正しくスコアを記入してさえいれば何も問題はありませんね!


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加