【コース内の芝生に関するマナーをご紹介】

コース内の芝生に関するマナーをご紹介

ゴルフは自分だけで楽しめればいいという訳ではありません。ゴルフ場はあなただけの専用の競技スペースという訳ではなくて、色んな方が毎日使っていますよね。気持ちよくプレーが出来るのは、前に使ったお客さんのマナーが良いから楽しくゴルフを行う事が出来る訳なんです。

 

 

 

コースコンディションの整った環境でのゴルフほど気持ちいいものはありません。そのようなゴルフ場であればあるほど、みんなが綺麗に使用してきておりますから、あなた自身もコースに対しての思いやりをもつ必要があります。特にフェアウェイは跡が残る場合が多いですから、丁寧に扱っていきたいものです。

 

 

 

 

アイアンショットをした時に、ターフが飛んでその下に埋まっている地面が露出をし、ディボット跡と言う名のくぼみが出来てしまいます。ボールを打ち込んだ訳ですから、地面が凹むのは当然と言えば当然な訳ですが、これを見て見ぬ振りをしてはいけませんよ!

 

 

 

 

 

周りの人はしっかり見ていますからね、その後に適切な対処をしなければマナーが悪いお客だという認識を植え付けられてしまいかねません。

 

 

 

 

 

ショットにより、切り取られてしまったディボットはボールの行方を確認した後、すぐにディボットを拾い上げて、元のくぼみへと埋めて足で踏みつけておくようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

ディボットが飛んだだけであれば、これをやるだけでも十分です。簡単でしょう!

 

 

 

 

これをやらないで放置をする人が増えてしまいますと、至る所で芝生は捲り上がり、コース上はボコボコの状態で気持ちのいいゴルフを行う事が出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

芝生がバラバラになった場合は?

 

 

 

芝生が剥がれているだけであれば、ディボットを元に戻して足でギューって踏むだけでもしっかりとした修復法になります。ですが、もしもショットして切り取られた芝生がバラバラになっていた場合はどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

 

この場合は自分ではどうすることも出来ませんから、キャディさんにお願いをして目土をしてもらいましょう。

 

 

 

 

もしも、あなたがクリーンショットをしたにも関わらず、ボールの場所へと足を運んでみたらディボット跡にすっぽりと嵌りこんでいたらどのように感じるでしょうか?いい気分はしませんよね。

 

 

 

 

バンカーやウォーターハザードならまだしも、他人の修復し忘れのディボット跡に苦しめられるのは心底頭にくるかと思います。

 

 

 

 

せめて、しかりと修復された目土の上にボールが乗っかってしまっていたのなら、運が悪かったとして片づけることが出来ますが、くぼみの中に嵌ったボールを脱出させるのはなかなか難しいものですよ。1打分損したことになりますから、試合の結果にも影響を及ぼしてしまいますし。

 

 

 

 

これからプレーをする後続客にこのような悲しい思いをさせないためにも、ディボット跡はしっかりと処理をしておく必要性があります。ショットの場合はしょうがないですが、ラフの区域で素振りをしてディボットを作る事だけは極力避けたいですね。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加