【バンカーでのマナーで気を付けるポイントはこれ!】

バンカーでのマナーで気を付けるポイントはこれ!

初心者がゴルフ場でプレーをして行く中で、どうしても避けては通れないのがバンカーの存在。

 

 

 

 

起伏が少な目で、平坦なコースであればバンカーも上手く克服することが出来るかもしれないですが、難易度が高めであらゆるところにバンカーが存在するようなコースでは間違いなくそこに捉われてしまうかと思います。

 

 

 

 

今回はそんなバンカーにおけるマナーを解説をしていきます!

 

 

 

 

バンカーショットをする時

 

 

ボールがバンカーへと転がり、バンカーショットをしなくれはならない場面では当然ながらバンカーへと足を踏み入れる必要があります。この時に気を付けなければならないマナーとしまして、場所関係なくずかずかと足を踏み入れてしまう事は避けたいですね。

 

 

 

バンカーにも平坦なところや角度がついたような場所など様々な形状をしております。角度がついたようなとこに足をかけてしまった場合、バンカーゾーンの縁が崩れてしまう恐れがあります。

 

 

 

ですから、なるべくボールに近い位置で、なおかつ平坦なところからバンカーへと入るようにしましょう。間違ってもボールの進行方向から入ってはいけません。

 

 

 

また、バンカーショットを行いボールをバンカー外に出すまでは、足やクラブなどを使って地面を平らにするなどのコースを改善しようとする動きもNG行為にあたります。

 

 

 

 

一発で救出出来ればいいものの、特に始めたばかりの初心者であれば何度も何度もトライすることもあるかもしれませんね。手入れをしてしまった状態で、ボールがバンカーの縁に当たって戻ってきたとしましょうか。

 

 

 

 

そして、ボールが手入れをされて打ちやすい状態の場所へ戻ってきてしまった場合、ボールのライ(ボールが止まっている場所)の改善行為とみなされ、2罰打が課せられてしまいます。ゴルフにおける2罰打ってかなり大きいですからね・・。しかもバンカーゾーンですから、下手したら泥沼にはまりかねません。気を付けましょう!

 

 

 

 

バンカーを脱出したらならしましょう

 

 

バンカーショットを終え、無事ボールをフェアウェイもしくはグリーン上へとボールを復活させることが出来ましたら、ここで初めてバンカーにおける手入れをして行きます。

 

 

 

自分の足跡やクラブの跡が、後続のグループに影響を及ぼしてしまいますから砂慣らしを用いて、バンカー内をきれいにならしておくのは当然のマナーであると言えるでしょう。

 

 

 

 

打ったボールがバンカーゾーンに入るだけでも憂鬱な気分になってしまうのに、それがどこの誰かも分からないような他人の靴跡に深くめり込んでいる状況を見てしまったら、一気に気持ち的に萎えてしまいます。

 

 

 

 

せっかく楽しみで行っているゴルフで楽しさを半減させてしまうことは何としてでも避けなければいけませんので、自分が汚したバンカーは自分でしっかりと掃除をしておく。人間として当然のマナーです。

 

 

 

 

余談ですが、バンカーやウォーターハザードにおいてクラブが砂や水に触れてしまいますと、コース状態を確かめる行為をしたのではないかとみなされてしまい、これも同様に2打罰が課せられてしまいます。故意でない場合にしろ、確かめようとするのは止めておきましょう。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加