【グリーン上は綺麗に扱いましょう】

グリーン上は傷をつけずに綺麗に扱いましょう

ボールがグリーン上まで持っていったら、次はいよいよパッティングをしてカップに沈めるという最終段階が待ち構えています。この局面が最もゴルフにおいて重要であると言えるかもしれませんね。

 

 

 

起伏を確認しながらどれぐらいの力でパッティングをすれば、カップに沈められるのかと言う緻密な計算をしなければなりません。より繊細なタッチや距離感、フィーリングといったものが要求されるという訳です。

 

 

 

そのため、グリーンの状態が良ければ良いほど、ゴルファーはより集中してパッティングに挑むことが出来るという訳です。

 

 

 

基本的には、そのホールを終える場面としてグリーンであることが多いですので、グリーンの状態が悪くデコボコとステージの設計と何ら関係性のない状態になっていたら、ボールの転がりや方向性も悪くなりますのでゴルフにおける楽しみも半減してしまうものです。

 

 

 

フェアウェイやラフの区域でも全く同じことが言えるのですが、グリーンも常に良いコンディションが保たれており、気持ちよく集中してプレーが出来る状態に心がけなければなりません。それを実現するためにも、最低限以下に挙げる内容は必ず守るようにして下さい。

 

 

 

グリーンを傷つけないためには

 

  • グリーン上で跳ねたり走ったりしないこと。
  •  

     

     

  • コースの最終局面ということで体力のない初心者の方ですと疲弊してしまい、足を引きずりながら歩きたくなってしまいがちですが、スパイクシューズを履いている時は注意が必要。いらない引っ掻き傷などを作らないこと。
  •  

     

     

  • 自分のボールにより発生したボールマークは、グリーンフォークを用いて必ず修正をします。そしてパターで平らにならしておきましょう。自分だけのボールマークだけでなく、修復の際目に入った他人のボールマークも綺麗にしておくことはとても紳士的な行動であり、マナーを守れていると言えるでしょう。

     

     

     

    ただし、スパイク跡などのグリーン上の傷は同伴競技者全員がホールアウトするまで修復してはならないとルールに決められていることを忘れてはいけないですね。それはなぜか。パッティングラインを改善し、打ちやすい状況にしたというペナルティが与えられてしまうからです。

  •  

     

     

  • 何にせよ、グリーンはデリケートに扱うように心がけていれば、無駄な傷を作る事はありませんから常に優しく扱うようにしていれば、気にする心配はありませんよ!

高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加