【グリーンで他プレイヤーに迷惑をかけないために】

グリーンで他プレイヤーに迷惑をかけないために

パッティングでは、精神を集中させて挑むことが大切です。少しでも気の乱れが生じてしまいますと、軸がぶれてしまいカップインをすることが困難になってしまいます。

 

 

 

ゴルフ初心者の方であれば実感出来ているかと思いますが、本当に集中力いりますよね、あれ。私も初心者の内はパッティングに全然集中出来なくて、何度も何度もパッティングをした苦い記憶があります・・(笑)

 

 

 

このようにとても集中力がいる場面ですので、他の人がパッティングをする時には、その競技者の視野に入らない所で静かに見守って行くことがエチケットであり、マナーでもあります。

 

 

 

以下にグリーン上でパッティングを行う人に対するマナーを解説していきますので参考にしてみて下さい。

 

 

 

視野に入らないようにする

 

 

同伴競技者がパットをするときには、そのパッティングラインの前方もしくは後方、または視野に入る所には立つことはマナー違反にあたります。

 

 

 

特に、自分と同じラインでパッティングを行う競技者がいる場合、コースの起伏状態を知るためにボールの曲がり具合、切れ具合などを参考にしようと、その人の近くで観察をしようとしてしまいがちですが、もし自分が同じように前から横から後ろから観察されてたらどう思いますか?

 

 

 

気が散ってパッティングに集中できないのではないでしょうか。中にはそういうことされても一切気にならないという方もいらっしゃるでしょうが、大半の人は集中力がとぎれてしまうものです。

 

 

 

野球などでもバックスクリーンには観客はいませんよね。あれもピッチャーが投げるボールに対して集中して打てるようにするために設定されている程、集中力が大事になってくるからなんです。

 

 

 

パッティングラインを踏まない

 

 

グリーン上では、他競技者のパッティングラインを踏まないように注意をします。

 

 

 

理由としましては、スパイクによるグリーンにデコボコがついてしまうことで、ボールの予期せぬアクシデントを防ぐためです。途中まで理想的な軌道を描きながらカップへと向かっていったにも関わらず、途中のデコボコで勢いが弱くなる、軌道が変化してしまうとかされたら溜まったもんじゃないです。

 

 

 

リアルにヽ(・ω・)/ズコーって気分になりますよ。特にロングパット時にこの現象になると本当に泣きたくなります・・・(笑)ですので、むやみやたらにグリーン上に入り足跡をつけたり、入るにしても軌道外の場所を歩くように心がけて行きましょう。

 

 

 

時間をかけ過ぎない

 

 

よくテレビでゴルフ中継なんかを見ていますと、プロゴルファーの方はグリーンのあらゆる角度からラインを確かめて、時間をフル活用している選手などが見られます。

 

 

 

そのようなプロを真似て時間をかける人がいるのですが、これはスロープレーの原因となってしまいますので、必要以上に時間をかけることは極力避けたいですね。

 

 

 

グリーンの傾斜や起伏、順目か逆目かなどの状態を把握するのは、グリーンへと上がる前に自分で確かめるようにしたり、先にキャディさんに「ここのグリーンはどんな感じですか?」と聞いたりしておくと良いでしょう。

 

 

 

ただ、すぐにパッティングをしろという訳ではありませんので誤解しないようにして下さいね。あくまで何分もグリーン上で確認ことはマナー的にはよくないですよ!ということです。

 

 

 

グリーンから出る時は

 

 

ホールアウトをしましたら、速やかにグリーンを後にすることを心がけます。いくらホールアウトしたからと言って忘れないようにすぐさまスコアの申告や記入をする人がいますが、これーは立派なマナー違反。

 

 

 

いい記録が出た時などは早く書きたい気持ちも分からなくもないですが、次のホールへ向かう途中に記入するようにしましょう。

 

 

 

また、ホールアウトをしたら旗竿を必ず元の位置に立てておくことも忘れてはだめですよ!その際にも雑に扱ってしまいますと、ホールの縁を傷つけてしまう恐れがありますので、丁寧に扱うようにしましょう。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加