パッティングのグリップはどうすればいいの?

毎回3パットになる人はグリップに問題アリ!?

 

 

パッティングの腕を上達させたいのであれば、1にも2にもまずはグリップの握り方をマスターすることが先決となります。

 

 

 

ドライバーショットやアプローチショットと同じようなグリップの方法を取っていても、上達することはないんですよね。なぜなら、パットにはパットの握り方があるのですから

 

 

 

 

実際に、あなたはパッティングを行う際に毎回3パットをしてしまうなど、グリーン上で苦戦をしていることはないでしょうか?

 

 

 

このような方をよく観察してみますと、大半の方が上記のようなドライバーショットでのグリップをしている方が多いんですよ。だから、いつまで経ってもパッティングを上達させることが出来ないという訳です。

 

 

 

それではどのようなグリップをしてパッティングを行えばいいのでしょう?

 

 

 

それは、右手と左手を別々のものとして捉えるのではなく、右手・左手・クラブをそれぞれ一つのものとして一体化させることが大事になってくるんです。

 

 

 

今回はいつまで経っても3パットから脱却できない人が多い、グリップの方法についての解説を行っていきます。

 

 

 

手首はがっちりと固定させる

 

 

 

パッティングのグリップでは、手首をしっかりと固定させるようなグリップをしていきます。これが重要なんです実は。

 

 

 

パッティングの技能を上達させるためには、ヘッドを真っすぐに引いて真っすぐに出すという機械的な動作が求められるんですね。

 

 

 

この機械的な動作をスムーズに出来るようにするためには、手首はまるで自分がロボットにされたかのようにがっちりと固定してしまい、強制的に動かなくさせてしまった方が安定したパッティングを行う事が出来るんです。

 

 

 

手首の固定が甘いようであれば、インパクトの前にグラグラと動いてしまいヘッドの軌道がブレ、正確なヒットをさせることが出来ずに狙った通りにカップにボールを沈めることが出来ないという訳です。

 

 

 

それではどうすれば手首が固定されたショットを行う事が出来るのか?

 

 

 

それは、両手を左右に開いてグリップを行う所にあります。

 

 

 

具体的に説明をしますと、まずは左手を大きめに開いて左側に回転させて強めにグリップをします。そして右手は、手のひらでグリップをふんわりと包み込むようにして握ります。

 

 

 

基本的には左手を中心にして、右手は軽く添えるというイメージを持つと分かりやすいかと思います。これを行う事で、最もデリケートなパッティングにおける繊細なタッチが出せるようになります。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加