パッティングのストロークまでの流れが分からない方必見!

パッティングのストロークまでの流れが分からない方必見!

 

 

パッティングはそのホールの〆となる部分です。このパッティングがリラックスした状態で行う事が出来ていないのであれば、いつまで経ってもスコアが縮まることはないでしょう。

 

 

 

このパッティングにおいて大事になってくるのがストロークであり、いつもと同じ手順でストロークを行うことで気持ち的にもリラックス出来る様になります。

 

 

 

具体的にはどうすればいいのか?

 

 

それは、まずはじっくりと時間をかけてグリーン上の起伏がどのようになっているのか、そしてボールがどのような軌道を描いていけばカップインさせることが出来るのかどうかを正確に読んでいきます。

 

 

 

そして、ラインを頭の中で描くと同時に心を落ち着かせ平常心を保っていくという訳ですね。

 

 

 

頭の中で考えがまとまったのであれば、2〜3回素振りをしてから、ラインに対して右手でヘッドをスクエアにする感じでセットして行きます。

 

 

 

その後はグリップを左手に持ち替えて、左手を正確にグリップをしてから右手を覆い被せるようにすればグリップは完成となります。

 

 

 

アドレスで作った形はなるべく保ったままにする

 

 

パッティングのグリップが完成されたら、次は具体的にどのようなスイングを行っていけばいいのかを解説して行きます。

 

 

 

まずは、ハンドアップにしてヘッドをほんの少し吊るすようなイメージを持って構えます。この時、肩と肩と結んだライン、そしてグリップを握る腕の形を五角形になるようにします。

 

 

 

パッティングにおいて、この五角形のような形を崩すことなくストロークを行うようにすることがミソなんです。形を崩さないことによって、自分の身体とクラブに一体感が生まれますからより安定したパッティングが行えるようになるという訳です。

 

 

 

スイング幅としましては、基本的には左右対称となります。

 

 

 

ですが、ほんの少しだけフォローを大きく取った方がボールがより一層転がるようになります。中でも左手の手首の角度に注意してストロークをしなければなりません。

 

 

 

この手首の角度が変わらないように、アドレスで作った形をずっとキープできるようになればパーフェクト!

 

 

 

ストローク中は距離感のみ意識せよ!

 

 

どうして左手手首を固定するのでしょうか?

 

 

 

それは、左手が舵取りの役割を果たしてくれるからなのです。要するに左手で方向性を出していきます。左手は舵取りの役割をしていますが、その時右手は一体何をしているのでしょうか?

 

 

 

右手は距離感を出していくのです。つまりは右手と左手はそれぞれ違う役割を担いながらスイングを行っていくということになりますね。

 

 

 

左の手は方向をつかさどっていきますから、この時左手の甲はボールを飛ばしていく目標を見据えてアドレスを行っていきます。

 

 

 

そして、左手の甲は進行方向を保ったまま、ゆっくりと形を保ちつつ後ろに引いていき真っすぐ押しだしていくという形を取ります。

 

 

 

ですので、左手の手首はストロークを行っている間も、常に同じ方向を向いている必要があります。

 

 

 

一瞬でも別方向を向いてしまったんでは、自分の思い描くパッティングを行う事が出来なくなってしまいます。

 

 

 

これを実現させるためには、左手のグリップを通常よりもしっかりと握っておきます。そうすることでこの理想的な角度をずっと保ち続けることが出来るんです。

 

 

 

 

つまり、方向性は左手の手首の甲と手首の固定が決定的な要素ということになりますので、ボールの方向性を出すのはアドレスの段階で終了してしまっているという訳です。

 

 

 

そして、ストロークを行っている間は方向性については意識を持つことなく、どれほどの力でボールを打てばいいのかという距離感についてのみ集中するように心がけましょう。

 

 

 

これを実践するだけでも、右手と左手、2種類の異なる手で役割分担が出来ますから、狙った所へかつ正確な距離感を保ちながらのショットを行う事が出来るんです。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加