スイートスポットで打つためのパッティング方法

スイートスポットで打つためのパッティング方法

 

 

パッティングにおいてもスイートスポットでボールを捉えることが非常に重要だという事を知っていましたか?ドライバーショットなどでは、スイートスポットに当てることはほぼ必須ですよね。それと同じことがこのパッティングにも言えてしまうんです。

 

自分が思い描いていた軌道をボールが描いたにも関わらず入らない・・・ということは結構ある事だと思います。その理由としまして、

 

  • ラインが読めていなかった
  • 予想以上にきつめの芝目だった

 

という2種類の原因が考えられます。

 

 

まず一つ目の、ラインを読めていなかったからカップインできなかったということについて。ラインに影響を受けない強いボールを打つためには、ボールを厚めに打っていく必要があります。

 

 

 

厚く打つことで、特にスライスラインで切れそうで切れない強い球筋を絡めたパッティングが出来るようになります。

 

 

 

ボールを厚く打つためにはどうしたらいいのでしょう?それはスイートスポットエリアでボールの中心部を真っすぐにヒットさせていきます。

 

 

 

こうすることで、ボールは打ちだされた直後に一瞬スライドをして、その後進行方向に向かって転がって行きます。その結果、ボールの勢いが止まることなく、強い芝であったとしても力強く転がるようになるという訳です。

 

 

 

 

ボールの中心部を正確にスイートスポットで捉えるためには、アドレスの段階からボールがパターの中心部に来るように構えておくんです。そのためには、ヘッドを若干浮かせるようにして構えなければ当たりません。

 

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加