パッティングで距離感を出すためにあなたが行うべきこと

パッティングで距離感を出すためにあなたが行うべきこと

 

 

パッティングで距離感を出すにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

まず、パッティングでは立ち気味に構えるといいでしょう。そうすることで、ヘッドを真っすぐに引いてなおかつ真っすぐ出しやすくなるからです。

 

 

 

立ち気味に構えるがどういうことかと言いますと、猫背のように状態をかがめることなく、背筋をピン!としっかりと伸びたような状態で構えることを指します。

 

 

 

この時、膝もあまり曲げないようにして、ボールを出来る限り高い位置から見るように構えるようにしましょう。

 

 

 

 

立ち気味に構えることで、ボールをより高い位置から見下ろすことが出来ますので、視野が広くなるためヘッドが動く範囲と言うのも見えやすくなるんですよ。

 

 

 

 

ヘッドの位置をより正確に把握できるという訳ですから、ストロークも完璧に近い状態で行えるようになり、その結果正確なストロークが行えるという訳ですね。

 

 

 

 

その上、立ち気味に構えることで身体全体に無駄な力が加わることがありませんので、より自然に近い形で構えることが出来るんです。

 

 

 

 

逆に、実際にご自身でも試してみると一発で分かるのですが、前のめりにかがんでしまう事で、肩や背中に無駄な力が加わってしまいますね。

 

 

 

これではインパクトどころかテークバックですら上手に行う事が困難になってしまいます。

 

 

 

そして、重要なのがこの時にスタンス、膝と腰、さらには肩のラインが同じ方向を向くようにして構える必要があります。

 

 

 

この中のどれか一つでもバラバラの方向を向いてしまっているようであれば、狙った所にボールを打ち出せなくなってしまいます。

 

 

 

私がパッティングで気を付けていること、

 

 

一つ目は腕と肩とのラインが織りなす五角形の形を極力崩さないようにストロークをするということ。

 

 

二つ目は、手首を固定して使わないようにするという事。

 

 

 

この2つをクリアするために必要な事は、肩が上下運動を行うかのように回転をさせていくんです。

 

 

肩の動きを制限するように、水平回転だけさせたのでは上手くいかないですよ?

 

 

実際にパターを持ってトライしてみましょうか。

 

 

前述の五角形の形を保ちつつ、手首を固定したまま真っすぐ後ろに引いてみて下さい。

 

 

 

どうでしょうか?右肩が上がり左肩が下がったのではないでしょうか。この動きをしっかりと頭に叩きつけてください。

 

 

 

肩を水平回転させただけでは、ヘッドはインサイドへと引けてしまいますので!

 

 

 

最後は、頭を残したままボールを打つということ。ボールがどう飛んだのかが気になって行方を追うかのように頭を動かしてしまう事で、頭につられて身体も同じように動いてしまうんです。頭をしっかりと残すという事が距離感を出すためのポイントとなります。

 

 


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加