【同伴競技者と同時にパットを行ってボールがぶつかった場合】

【同伴競技者と同時にパットを行ってボールがぶつかった場合】

本来は遠球先打の法則という事で、ホールから遠い位置にある同伴競技者がプレーをするべきなのですが、いないものだと思ってしまい、同伴競技者と同じタイミングでパットを行ってしまいました。

 

 

この場合はどのようなルールが適用されるのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

 

 

まずは、同伴競技者とほぼ同じ距離にあるボールを同時に打った場合を考えてみます。

 

 

この場合は、特にルール的にも問題にならず仮にもボール同士が衝突してしまった場合でも、お互いにペナルティーが課せられることは無く元の位置にリプレースをして打ち直しになります。

 

 

 

ですが、同伴競技者のボールが遠くにあるのに、そこよりも明らかに近い位置にある自分のボールを打ってしまうのはいけません。

 

 

もしも、ボール同士が衝突してしまった場合は、近い所で打った競技者に対してペナルティーとして2罰打が課せられてしまう事になってしまうのです。

 

 

もちろん、ルールに則って正しくプレーをしていた遠方からの競技者はノーペナルティーです。

 

 

近い所から打った競技者はボールが止まったところからのリスタート、遠い所から打った競技者はリプレースをして打ち直しになります。

 

併せて知りたい!

 

【ラウンド開始前にグリーンでパットの練習をした場合】
【ボールの汚れをグリーンを使って取り除いた場合】
【ラフのカジュアルウォーターからの救済でフェアウェイに乗った場合】


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加   

関連ページ

【ラウンド開始前にグリーンでパットの練習をした場合】
【グリーン周りのカラーにあるボールを拾い上げた場合】
【グリーンでボールを拾い上げる時に数cm後ろにマークをした場合】
【グリーン上のボールをマークをしないで拾い上げた場合は】
【ホールアウトしたグリーンでパットの練習をした場合】
【風の影響でホールインをしてしまった場合は】
【変形をしたパターでカップインをした場合は】
【パッティングをする前にキャディにアドバイスを貰った場合】
【グリーン上のボールよりもラフにあるボールの方がホールに近い場合】
【フェアウェイからのアプローチショットがホールインした場合】
【カラーのボールが同伴競技者のバンカーショットで砂を被った場合】
【パットを沈める時にパターの背面で打った場合は?】
【パッティングの延長線上にキャディを配置させた場合】
【パッティングでボールのライン上に落葉がある場合は?】
【ボールの汚れをグリーンを使って取り除いた場合】
【パットの線を足で跨いだままパットを行った場合は】
【グリーン上のボールマークを修正する行為はルール違反か?】
【パットの線上の芝を修正した場合は?】
【グリーンで自分のパットの線上を歩いてしまった場合は】
【グリーン上に溜まっている水たまりをタオルで拭き取る場合】
【パットをした後に自分のキャディが旗竿を抜いた場合は】
【グリーン上に置かれていた旗竿にボールが止められた場合は】
【旗竿を立てたままパッティングを行った場合は?】
【キャディさんの足にパットのボールが当たってしまった場合】
【アプローチショットをしたら旗竿に寄りかかってしまった場合】
【旗竿に寄りかかって取りこぼしたボールをそのままパットをしたした場合】
【引き抜いた旗竿に円筒がくっついてきた場合】
【同伴競技者のパット時にグリーン上の旗竿を拾い上げた場合は】
【ストロークを行う前にパターがボールに触れてホールインした場合】
【グリーン外から打ったボールが同伴競技者のボールに当たった場合は】
【パットしたボールが同伴競技者の足に当たって跳ね返った場合】
【同伴競技者がプレー中に自分のボールを拾い上げた場合は】
【ストロークプレーでOKパットは認められるのでしょうか?】
【グリーン上でボールマーカーを移動させてしまった場合】
【グリーン上で誤ってボールを動かしてしまった場合は】
【同伴競技者のマーカーを間違えて使用してしまった場合】
【ボールマーカーをずらした後元に戻さずプレーをした場合】