ゴルフ用語集-あ

ゴルフ用語集-あ

ゴルフ界で使用される用語集についてまとめていきます。このページは「あ」の用語集です。

 

アイアン

 

ヘッドが鉄で構成されているクラブの総称の事を指します。1〜3番がロングアイアン、4〜6番がミドルアイアン、7〜9番がショートアイアンと呼びます。また、クラブだけでなくウェッジもアイアンの一つとされています。

 

アウトオブバウンズ

 

打つことを許されていない範囲のことをアウトオブバウンズと言います。略してOBと言われています。OB範囲は白杭で表示されており、杭のフェアウェイ側を結んだ線がOBラインとなります。

 

また、ボールがOBラインと被っていた際でも、少しでもフェアウェイ側に残っていればOBと判定されず、完全にOBラインに入った場合のみOBになります。OBになってしまった場合は、元の位置で1罰打を与えて再度打ち直すこととなります。

 

アウトサイドイン

 

クラブの軌道のことで、ダウンスイングで外側から下りてきたクラブがインパクトフォロースルーでは内側に抜けて行く軌道です。これだけでなく、ゴルフにおける体の使い方としまして、外側から内側に力を収束する動きのことも同じくアウトサイドインと呼びます。

 

 

アウトドライブ

 

他の競技プレイヤーよりもボールを遠くへと飛ばすことをアウトドライブと言います。

 

 

アゲンスト

 

向かい風を英語で発音した際の、アゲンストウインドの略語です。アゲンストが強いと、飛距離が落ちる上に左右にスピンがかかっていると大きく横に逸れてしまう原因となります。

 

 

当たりが薄い

 

ボールをクラブフェーススウィートスポットでヒットさせることが出来ずに、フェースのやや下側でボールを打つことを言います。

 

アッパーブロー

 

ヘッドがスイング軌道の最下点を通り過ぎて、フェースが上向きになった状態でボールを捉えてしまう打ち方の事。ボールをティアップしている距離を出したい時のドライバーショットではこの打ち方をして行きます。

 

 

アップエンドダウン

 

打ち上げ打ち下ろしが多い地形のコース状態をアップエンドダウンと言います。これとは別に起伏がそれほど多くはない場合は、アンジュレーションという言葉を使います。

 

アップヒルライ

 

ホールの方向に対して、ボールが上り坂の傾斜面上に存在すること。反対に下り坂の傾斜面はダウンヒルライと言います。

 

アップライト

 

垂直に近い軌道のスイングをすること。上背のある人ほどこのアップライトになりがち。また、クラブでは普通にソールした時シャフトの軸線が垂直に近いものをアップライトクラブと言います。

 

 

アテスト

 

ゴルフ競技を行う際に、プレイヤーの名前を記入したスコアカードを用意をすることが義務付けられており、このカードはプレイヤー本人ではなく、マーカーが記入をしていきます。

 

そして、プレーが終了後、スコアに間違いがないかどうかどうかを証明するサインをして本人に渡します。このマーカーによるサインでしたり、もしくはサインをする行為をアテストと言います。ちなみに、もし競技後にこのアテストが無い場合は失格になりますので、気を付けましょう。

 

アドバイス

 

ここで言うアドバイスとは、プレー上の決断やクラブの選択などに影響を及ぼすかもしれない助言や示唆のことを指します。例えば、同伴競技者に「今何番で打ったんですか?」と質問をすることも、それに対する回答をすることも禁止されています。

 

ルールにより、尋ねた方、答えた方に2罰打が加えられます。

 

アドレス

 

スタンスの位置を決め、クラブを地面へと密着させた際には球に対しアドレスをしたとみなされます。バンカーや池などのハザード内ではソールをすることが出来ませんから、スタンスを決めた時点でアドレスをしたとみなされます。

 

 

アプローチ

 

カップにボールを寄せることを言います。上げて転がすピッチエンドラン、それに低く出して転がして寄せるランニングアプローチ、上げて寄せるピッチショットチップショットなどがあります。

 

アプローチウェッジ

 

ピッチングウェッジサンドウェッジロフト差が広がったために、その中間クラブとして生まれたのがこのアプローチウェッジです。略称としてAWやPSなどと略されることが多いです。

 

特徴としては、フェアウェイで使用しやすくするために、バウンズが小さくソール幅が広めに設計されています。

 

アルバトロス

 

1ホールで設定されている基準打数(パー)よりも、3打少ないスコアのことをアルバトロスと言います。例えば、パー5のホールで第2打でホールインしたり、パー4のホールでホールインワンを出すことを指します。

 

 

アンコック

 

コックは左手首を左手の親指側に折る事を指し、このコックを解くことをアンコックと言います。コックはバックスイングの際に自然と行われるものであり、ダウンスイングからインパクトにかけても自然にアンコックされているのが好ましい状態と言えます。

 

アンジュレーション

 

フェアウェイラフ上でわずかなうねりが発生している状態をアンジュレーションと言います。自然なものや人工的に作られたもの両方を含んでいます。

 

アンダーパー

 

18ホールのパーよりも少ない打数でホールアウトすることを言います。パーが72のところを69で回ることが出来れば3アンダーとなります。

 

 

アンダーリペア

 

コース改良や変更のために修正を行っている区域のことを指します。青杭や白線で表示されているのが特徴で、杭のフェアウェイ側を結んだライン上や白線上はアンダーリペア内となります。

 

 

アンプレヤブル

 

そのままの位置ではプレーを継続することが出来ないボールの事を言います。例えば、ボールが木の根元に入り込んで打つことが出来なくなってしまった場合などです。

 

これを解決するためには、1罰打を加えてアンプレヤブルを宣言することでボールをずらすことが出来ます。

 

元々の位置から、2クラブレングス以内にドロップ、ボールとホールを結んだ延長線上の後方にドロップ、もしくは前にボールを打った地点へと戻って打つことになります。

 

アール(レギュラー)

 

クラブにおけるシャフトの硬度を示すための記号であり、シャフトには主に「R」とのみ表記されています。これは一般的な硬度のシャフトであり、硬い順にXXX、XX、X、S、R、A、Lとなります。

 

基本的にはXが男子のプロ選手が使用している割合が大きく、女子選手はRを使用していることが多いです。1番柔らかなLは一般の女子用クラブ。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加