ゴルフ用語集-ふ

ゴルフ用語集-ふ

ゴルフ界で使用される用語集についてまとめていきます。このページでは「ふ」の用語集です。

 

 

ファイナル

 

ゴルフ競技会の決勝戦の事をファイナルと言います。

 

 

フィーリング

 

ゴルフにおける感覚を養う事。体で覚える種目がゴルフですので、この感覚は大事になって行きます。

 

フィニッシュ

 

インパクトを終え、クラブスイングし切った状態をフィニッシュと言います。基本的には、体の軸をぶらさないようにしてクラブをフィニッシュまでしっかりと振り切る必要があります。

 

フィンガーグリップ

 

両手の指を中心にグリップを握る方法。

 

 

ブービー賞

 

ゴルフ競技において、最下位から2番目のプレイヤーに与えられる賞をブービー賞と言います。最下位の人はブービーにさせた人という意味で、ブービーメーカーと呼ばれてしまいます。

 

フェアウェイ

 

ティグラウンドからグリーンまでの、コース内の芝が短く手入れされている区域をフェアウェイと言います。

 

 

フェアウェイウッド

 

フェアウェイ時に使用されるウッドクラブの総称を言います。通常ですと、3,4,4番をフェアウェイウッドと言うのですが、最近では、7,9番なども登場しており、女性の場合は6番以上のフェアウェイウッドを使用することが多くなりました。

 

 

フェアウェイバンカー

 

ティグラウンドからおよそ200ヤード周辺に存在していることが多いフェアウェイバンカー。また、フェアウェイを横切るように設置されているバンカーの事をクロスバンカーと言います。

 

フェース

 

クラブヘッドのボールを打つ面の事をフェースと言います。

 

 

フェースインサート

 

パーシモンウッドクラブフェースを強化するために取り付けられた板をフェースインサートと言います。

 

 

フェース角

 

クラブフェースが向いている角度のことを指し、クラブを真っすぐセットした時に左を向いているものはフックフェースと言い、右を向いているものをスライスフェース、まっすぐ向いているのであれば、スクエアフェースと言う呼び方をします。

 

 

フェースプログレッション

 

シャフトの軸線から、リーディングエッジまでの距離のことをフェースプログレッションと言い、ウッドでは比較的この部分が大きく、アイアンの場合は小さめなのが一般的です。

 

フェースプログレッションが一切ないアイアンでは、軸線とリーディングエッジが接する構造となっておりますので、グースネックが極端になります。

 

 

フェースをかぶせる

 

リーディングエッジを目標に、スクエアに合わせた状態をフェースをかぶせると表現をします。ハンドファーストの度合いを大きくし、ロフトを立てることに対し、リーディングエッジを目標の方向へと向けることはシャフトフェースにするという表現をします。

 

 

フェードボール

 

スライスボールは初めから右に曲がって行くような打ち方であるのに対し、フェードボールとは、打ちだした瞬間は真っすぐに飛んでいくが落ち際に少しずつ右に曲がって行く状態を言います。これが左の場合はドローボールと言います。

 

 

フォアー

 

飛ばしたボールが隣のコースへと侵入しそうになった場合、「フォアー」と叫んで、隣でプレーをしている競技者に対して、ボールが飛んできますよ。危ないから逃げて下さい。という意味で発せられる言葉をフォアーと言います。

 

 

フォアキャディ

 

ゴルフ競技会などで、ボールがどこに飛んでいったのかを予め前方にいて確認する人のことをフォアキャディと言います。また、フォアキャディがOBだという旗を揚げても、確認するのはボールを打ったプレイヤー本人となります。

 

 

フォアサム

 

4人1組でコースを回る事をフォアサムと言います。

 

 

フォローウインド

 

自分がこれから打つ方向に対して、追い風状態となっている状況を指します。

 

フォロースルー

 

ボールを打ち出すインパクトの瞬間から、フィニッシュまでの一連の動作のこと。

 

 

フォワードプレス

 

テークバックをテンポよく行うための準備動作をフォワードプレスと言い、クラブヘッドを上下左右に微調整をすること。

 

フック

 

左へとカーブしながら飛んでいく打球のことをフックと言い、左打ちの場合は右へと飛んでいきます。

 

フックグリップ

 

左手の親指をシャフトの真上から右へと外して当てがい、薬指の拳が3個ほど見えるくらいに被せて握り、右手は手のひらが上を向くようにして握られるグリップ法のことを言います。

 

フックスピン

 

ボールに左回転の力が加わることを言います。

 

 

フックライン

 

グリーン上にボールが落下した際に、ボールが左方向へと曲がって行くラインのことを言います。

 

 

プッシュ

 

右へと押しだすような感じでボールを打ち出してしまう、いわゆるミスショットのこと。

 

 

ふところ

 

構えた際、体と手の間に生まれる空間の事をふところと呼び、ふところが狭いフォームをしているとスイングが窮屈なものになります。使い方として、ふところを広く保って構えろ、という表現をします。

 

 

フライヤー

 

ラフからボールを飛ばした際に、自分が予想していたよりもボールが飛んでしまう事があります。これが発生するメカニズムとしまして、ボールとクラブヘッドとの間に芝が挟まってしまい、狙ったスピンがかけられないことに起こる現象をフライヤーと表現します。

 

 

ブラインドホール

 

ボールの次の落下点がプレイヤーに見えないように設計されたホールの事を言います。ドッグレッグのホールや高い障害物があるホールがこれにあたります。

 

 

フラッグ

 

ホールの位置を示すための旗竿のこと。

 

 

ブラッシー

 

2番ウッドソールにブラスを使うものが多かったため、これがついたクラブをブラッシーと呼ぶようになりました。

 

 

フラットコース

 

起伏の少なめのコースの事をフラットコースと言います。

 

 

フラットスイング

 

スイングプレーンが水平に近いスイングの事を言います。アップライトスイングの反対であり、横振りとも呼ばれます。フラットスイングは背の小さな方に見られる打ち方となります。

 

 

フランジ

 

ソール部分だけが、ヘッドの背面に張り出している部分の事をフランジと言い、パターに多く見られるのが特徴。座りをよくする目的以外にも、芝上を滑りやすくしてくれる効果も見られます。

 

 

ブリティッシュオープン

 

全英オープンの事であり、ゴルフの世界最古であるオープン競技です。

 

フルショット

 

トップスイングの状態から、フィニッシュまで振り切るショットをフルショットと言います。また、その半分のショットをハーフショットと言い、3/4程度のものであれば、スリークオーターショットと言います。

 

 

フルスイング

 

各クラブごとに与えられている機能を最大限に活かしたスイングをすること。それを超えてしまう場合はオーバースイングであると評価をされます。

 

プレー

 

ゴルフの競技ルールとしまして、すべてのホールの合計で勝敗を決めるストロークプレーと、1ホールごとで勝敗を決めるマッチプレーがあります。

 

 

プレーオフ

 

トーナメントに参加した選手全員が競技を終了した段階であっても、同じスコアを叩きだした選手が2人以上いる場合、サドンデスで決着をつけることをプレーオフといいます。

 

 

プレース

 

傾斜地などで、2度ドロップしてもボールが許可された範囲外へと出て行ってしまう場合、ボールを所定の位置へと置くことをプレースと言います。リプレースと混同しないように注意しましょう。

 

 

ブレード

 

アイアンフェースソールの間にある尖っている部分をブレードと言い、リーディングエッジ、もしくは歯という表現をすることもあります。

 

 

フレックス

 

シャフトのしなりをフレックスと言います。

 

プレッシャー

 

精神的な圧迫を受け、緊張することを指します。ゴルフでは、このプレッシャーが勝敗を大きく左右することになります。

 

プロゴルファー

 

ゴルフ協会から認定されている賞金を得るために活躍するゴルファーの事。また、ゴルフを教えることでお金を得る場合もこれにあたる。

 

 

フロー設計

 

アイアンの番手ごとに使用を変化させ、打ちやすさを出した設計の事をフロー設計と言います。

 

 

プロショップ

 

ゴルフ場内に設置された、ゴルフ用具を販売する店の事を言います。本来は所属しているプロゴルファーが経営している店であり、用品の販売の他には、キャディなどを手配するための業務なども行われています。

 

 

フロントナイン

 

18ホールの内の前半の9ホールをフロントナインと言います。アウトコース。

 

紛失球

 

ボールを飛ばして落下した際に見失ったボールの事を言い、見失ってから5分以内に発見をすることが出来ない場合は、ペナルティが与えられ、ボールを打つ前まで戻りドロップをして競技を続行します。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加