ゴルフ用語集-い

ゴルフ用語集-い

ゴルフ界で使用される用語集についてまとめていきます。このページは「い」の用語集です。

 

 

イーグル

 

1ホール内の規定打数よりも2打少ないスコアでホールインすることをイーグルと言います。例えば、パーの5を第3打でホールインしたり、パー3の所をホールインワンをすればイーグルとなります。

 

 

イップス

 

パットを行う際に緊張が原因で、手を動かすことが困難になる一つのゴルフ病です。

 

インサイドアウト

 

クラブの軌道の一種で、ダウンスイングで内側から降りてきたクラブが、インパクト後のフォロースルーで外側に抜けて行く軌道のことを言います。

 

これとは別に、体の使い方として、内側から外側に向けて力を発散させる動きの事をインサイドアウトと呼ぶこともあります。

 

 

インサイドイン

 

クラブヘッドの描く軌道が、ダウンスイングからフォローにかけて飛球線を横切らずに、ボールの位置を頂点とし、右下から左下へと描かれること。これはストレートボールを打つための正しいスイングと言えます。

 

 

インサート

 

パーシモンヘッドの時代になるのですが、クラブフェースのボールがヒットする部分を強化するためにはめ込まれていた部品をインサートと言います。これには主に、セラミックチタンカーボンなどの素材が使われていました。

 

 

インターロッキング・グリップ

 

右利きの方の場合であれば、右手の小指と左手の人差し指を引っ掛けるようにシャフトを握る事をインターロッキング・グリップと言います。この握り方をすることで、両手の一体感が増し、安定したスイングをすることが出来ます。

 

 

インテンショナル

 

「意識的な」とか「任意」の意味。インテンショナルフック(意識的にボールを左に曲げるボール)を打つと言うような使い方をします。

 

インパクト

 

スイングの途中でクラブフェースがボールを捉える瞬間のことをインパクトと言います。

 

インパクトゾーン

 

インパクトそのものは上記の通り、ヘッドがボールを捉える瞬間ですが、ヒットする前後のヘッドの動く部分をインパクトゾーンと言います。インパクトゾーンが直線的な弧を描くことにより、飛ぶ方向性が良くなっていきます。

 

 

インプレーの球

 

ティグラウンドでストロークした瞬間に、そのボールは「インプレーの球」であるという扱いを受けます。紛失やOB、拾うなどにより別のボールに取り換えられた場合は、そのボールはインプレーの状態ではなくなります。自分のインプレーのボールでホールインした瞬間に、そのホールでの競技を終了したということになります。

 

また、インプレーになってしまったら原則としてボールに触れることは出来ません。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加