ゴルフ用語集-か

ゴルフ用語集-か

ゴルフ界で使用される用語集についてまとめていきます。このページでは「か」の用語集です。

 

 

会員権

 

ゴルフ場を使用する際に、会員でない一般客よりも優先してプレイを行うことが出来る権利の事を言います。基本的にはクラブに入会することで会員権を得ることが出来ます。

 

 

カジュアルウォーター

 

元々設置されている池などとは違い、降雨などにより発生した一時的な水たまりのことを言います。また、池や川などから漏れることにより発生した水たまりもカジュアルウォーターに分類されます。

 

そこにボールが落下した場合は、罰打はつかずにボールを拾い上げてホールへと近づくことなく、水たまりを避けることが出来る最も近い地点から1クラブレングス内にドロップさせることが出来ます。

 

カップ

 

グリーン上に設けられた円筒状の穴。カップインと言うと、カップの中にボールが入る事を指します。

 

カット

 

切ることを言うのですが、右方向へと曲がって行くボールは少なからずフェース部分でボールを切った状態で打っており、この打ち方はカット打ちなどと表現される。

 

 

カベ

 

左サイドのカベを作ってスイングをするなどと使うのが一般的。左足の内側へと体重をかけ、打球方向へと体が持っていかれないようにすることを言います。

 

 

かむ

 

ダフリショットの一種ですが、その度合いが非常に小さいこと。

 

また、ラフからのショットとして、フェース面とボールとの間に草が入り込んだ状態もかむと表現されます。この状態になってしまうと、ボールに適切なバックスピンが加わらなくなり、ボールが目標地点を越しやすくなってしまいます。

 

 

カート道路

 

ゴルフコース内に設置されている、カートを走らせてプレイヤーを移動させるための道路をカート道路と言います。この部分は人工的に塗装されていますから、障害物とされています。

 

 

ガードバンカー

 

グリーンの周辺に設置されたバンカーをガードバンカーと言います。フェアウェイに存在するバンカーとは異なり、戦略性を高めるために複雑な構造となっていることがほとんど。

 

カーボン

 

クラブヘッドシャフトへの素材として用いられる炭素繊維(カーボン繊維)の総称を言います。比較的軽めな上に丈夫であるのでシャフトやヘッドに用いられることが多いです。

 

 

カーボンシャフト

 

プラスチックをカーボン繊維で強化したシャフトをカーボンシャフトと言います。重量比強度が大きいですので、軽量化をさせることが出来ます。

 

 

カーボンヘッド

 

カーボン強化樹脂で作られたヘッドです。ウッド素材であれば内部を空洞化させることで、サイズを一周り大きくすることが可能になり、その形状も自由に出来ます。

 

アイアンであれば内部のコア材やソールの部分に金属を使用し、重量感を出しているが今は比較的少なめである。

 

 

慣性モーメント

 

 

運動をしている物体が外部から何らかの作用を受けた場合に、その作用に逆らって一定の運動を続けようとすること。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加