ゴルフ用語集-ま、み、め

ゴルフ用語集-ま、み、め

ゴルフ界で使用される用語集についてまとめていきます。このページでは「ま、み、め」の用語集です。

 

マーカー

 

ゴルフをプレーする際に、スコアカードをプレイヤーの代わりに記入する人の事をマーカーと呼びます。通常は、同じ組のプレイヤーが互いにマーカーをし合うように競技委員が設定するのが基本的です。

 

マウンド

 

ゴルフコース上の盛り上がっている部分をマウンドと言います。これがあることで戦略的思考が試されることになります。

 

 

マスターズ

 

アメリカのオーガスタナショナルゴルフコースに各選手を集められて行われる大会をマスターズと言います。

 

マッチプレー

 

各ホールごとに、勝敗を決めて行く競技の行い方をマッチプレーと言います。

 

 

マナー

 

ゴルフの行儀作法のことをマナーと言います。紳士淑女のたしなみのスポーツという事もあり、プレー中はもちろんのこと、クラブハウス内や食堂でも礼儀にかなった態度で行うことが求められています。

 

 

ミスショット

 

スイングを失敗し、思うようなショットが出来なかったことをミスショットと言います。基礎基本が出来ていない場合は勿論の事、繊細な技術が必要とされるゴルフ競技において、プレッシャーによるメンタル的な面でもミスショットが誘発されることも多いです。

 

ミドルアイアン

 

4〜6番アイアンの事をミドルアイアンと言います。

 

 

ミドルホール

 

規定打数(パー)が4打のホールの事を言い、パー5であればロングホール、パー3であればショートホールと定義づけられています。

 

 

名変料

 

ゴルフ場の会員登録をする際にかかる、名義変更の料金略して名変料。会員権の売買により、新しくメンバーとして登録する時にコース側が徴収する手続き料のこと。

 

 

目玉

 

バンカーに落ちたボールが砂にめり込んだ様子が目玉焼きに似ていることから、目玉と呼ばれるようになりました。

 

メタルウッド

 

ウッドクラブの素材となる良質なパーシモンが不足した後、その代わりに登場したのがステンレスなどを素材にしたメタルウッドの台頭。これがウッドの主流になったと言われています。

 

 

メタルヘッド

 

ステンレス、チタンなどのウッドヘッドの素材に金属を使用したヘッドの事をメタルヘッドと言います。現在主流のヘッドであります。

 

 

目土

 

砂と土を混合したものを、削り取られた芝生に埋め合わせるものを目土と言います。目土の読み方は(めつち)。目土をしっかりと施しておくことで、打った後に早く芝で塞がるようになります。

 

 

メンタルサイド

 

ゴルフにおける心理学による働きは大きいとされており、ゴルフスイングにおける実に8割が心理面で、2割が技術面とされているほどです。このような心理面の状況をメンタルサイドと呼びます。

 

 

メンタルハザード

 

プレイヤーから目に入るように設置されているハザードの事で、心理的にプレッシャーを感じやすいことからメンタルハザードと言われるようになりました。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加