ゴルフ用語集-す

ゴルフ用語集-す

ゴルフ界で使用される用語集についてまとめていきます。このページでは「す」の用語集です。

 

 

スイープ

 

地面を掃くようにしてクラブヘッドを滑らす打法をスイープと言います。フェアウェイクラブを使用するときなどにスイープ打法をすると言った感じに使います。サイドブローと同じ意味になります。

 

スイング

 

ボールを飛ばすために、クラブを振るアドレスからフィニッシュまでの一連の動作をスイングと言います。インパクトの瞬間にクラブを止め、振り切らない動きはスイングではなくブローになります。

 

スイングアーク

 

アドレスからフィニッシュにかけて、クラブヘッドが描く弧をスイングアークと言います。このスイングアークが大きくなるほど遠心力が強くなりますので、ボールをより遠くに飛ばすことが出来ます。

 

 

スイング軸

 

スイングを体の回転と考えますと、回転の中心となる軸が必要となるがこれをスイング軸と言い、指導者によっては背骨や第7頸椎など場所は様々です。

 

 

スイングバランス

 

クラブヘッドシャフトグリップの重さの比率をスイングバランスと言い、それをAからEまでの文字で表し、それぞれを0から9までの10段階に分けて表示をします。ただ、AとBは軽すぎてコントロールが難しく、Eともなればなかなかの重量となりますので、実際はCとDのバランスが用いられます。

 

このスイングバランスはシャフトの硬度と大きな関係があり、シャフトが硬くなるほどスイングバランスも大きなものとなります。

 

スイングプレーン

 

スイングの際に、ヘッド部分が通る軌道で出来る面のことをスイングプレーンと言います。

 

スウィートスポット

 

クラブヘッドの重心が集まっている部分をスウィートスポットと言います。いわゆるボールを芯で捉えるように打てと言われる部分にあたります。この部分でボールを捉えることが出来れば、ボールは物凄い勢いで飛んで行くこととなります。

 

また、必ずしもヘッドの中心部分がスウィートスポットという訳ではなく、クラブによって位置が異なることを覚えておきましょう。

 

 

スエー

 

バックスイングの際に、右ひざが後ろへと移動してしまい体の軸がぶれぶれになってしまう事をスエーと言います。体が上下にブレてしまうこともスエーといい、ダウンスイングの際に左にブレてしまった場合もスエーであると判断されます。

 

 

スキンズマッチ

 

各ホールごとに賞金を設定し、そのホールで最も優れたスコアを叩きだしたプレイヤーが賞金を受け取ることが出来るというシステムのことです。もしも、ベストプレイヤーが2人以上いた場合はサドンデスは行わずに、次のホールへと持ち越しになります。

 

 

すくう

 

ゴルフにおける「すくう」とは、クラブヘッドを下から上方向へと動かすようなスイングをすることを指します。ボールを遠くに飛ばそうとする場合に犯しやすいミスの一つであり、すくうように打ったところでボールは高く上がる訳ではありません。

 

スクエア

 

飛球線に対して、クラブフェースが垂直になることをスクエアと言います。

 

 

スクエアグリップ

 

元々のスクエアグリップとは、目標方向に対して左手の甲と右の手のひらが直角になるようなグリップの方法です。ですが、最近では左手をほんのわずかに被せて握るグリップを指すことが多いです。

 

スクエアスタンス

 

左右のかかとを結んだ線が、飛球線と平行になるようなラインをスクエアスタンスと言います。

 

スクエアフェース

 

構えた時にフェースが飛球線に対し、直角になるクラブをスクエアフェースと言います。

 

 

スクラッチ

 

ハンディキャップが一切ないゴルフ競技のことをスクラッチと言います。それに伴い、ハンディキャップを抱えていないプレイヤーはスクラッチプレイヤーと言われます。

 

スコア

 

ストロークでコースを終えたのかという結果を表すもの。

 

スコアカード

 

スコアを記入するためのカードをスコアカードと言います。もしも、間違えて実際のスコアよりも大きい値を記入してしまった場合はその数値が結果として残りますが、少ない値を記入してしまった場合は競技失格となります。

 

 

スコアリングライン

 

クラブフェースの打面に刻み込まれた溝のことをスコアリングラインと言います。

 

 

スコッチブレード

 

トウの丸いコンベンショナルスタイルに対して、角型のトウの形状をしたアイアンのことです。

 

 

スタイミー

 

ボールと目標地点との間に、樹木などの障害物が存在している状態をスタイミーと言います。

 

スタンス

 

スイングを的確に行うために、ボールに対して足場をしっかりと整えることをスタンスと言います。

 

 

スチールシャフト

 

鋼で構成されているシャフトをスチールシャフトと言います。素材として、アルミやクローム、ニッケルなどの特殊なものが使用されていることが多いです。

 

 

ストレートフェース

 

構えの姿勢を取った際、クラブフェース飛球線と直角になるクラブのことをストレートフェースと言います。また、右利きの方の場合ですと、飛球方向よりも左側を向くものはフックフェースと呼びます。

 

ストレートボール

 

ボールが真っすぐ飛んでいくことをストレートボールと言います。ですが、実際にこれは不可能であり、風邪の影響だったり必ずどちらかに曲がって行くのがゴルフと言うスポーツ。

 

ストローク

 

打数のことであり、球を打って動かすのだという意思を持ちながら、クラブを前方へと動かす事をストロークと言います。クラブヘッドで押しだす、かき寄せたりすくい上げるという動きはストロークとみなされません。

 

ボールに当たらなくても、本番のつもりでスイングして空振りしてしまった場合はストロークにあたりますが、逆に素振りのつもりが間違えてボールにヒットしてしまった場合はストロークにはなりません。

 

ストロークプレー

 

全てのコースの合計のストロークの数で勝負を決めるルールをストロークプレーと言います。決められたラウンド数を行い、最もスコアが少ない人が優勝となります。メダルプレーとも呼ばれます。

 

 

ストロンググリップ

 

左手をかぶせて、右手は浅く握りシャフトの下から握るグリップのことをストロンググリップと言います。フックボールが出やすいですので、別名フックグリップとも呼ばれています。逆はウイークグリップ

 

 

ストロングロフト

 

通常のロフト角よりも1〜2度程ロフト角を立てているもの。ロフトが立っていることにより飛距離が増していきますから、飛ばし屋ゴルファーに好まれています。

 

スパイク

 

ゴルフシューズの裏に付いている鋲のことをスパイクと言い、これが付いている靴をスパイクシューズと言います。鋲が付いている理由としまして、ショットの際に思わぬ滑りを防ぐために役立ちます。セラミックやプラスチック、金属など、その種類は様々。

 

 

スパイク跡

 

スパイクの付いたゴルフシューズでコースを歩くことによって生じた小さな穴の傷。通常は何ともなく消えて行くものですが、引きずるような歩き方をしているとなかなか跡を消すことが出来ません。ボールの転がりに大きな影響をもたらしてしまいますから、どれだけ疲れていても足を引きずるような歩き方は避けましょう。

 

 

スパイクレスシューズ

 

スパイクが付いておらず、ゴムの突起により滑り止めの効果をもたらしてくれるゴルフシューズです。こちらはグリーンを傷めることがありません。

 

 

スーパーショット

 

目を見張るような奇跡的なショットの事をスーパーショットと言います。定義は定まっておらず、人により感じるスーパーショットは様々である。

 

スピン

 

ボールに加わる回転の力のことをスピンと言い、打ったボールは必ずスピンがかかり無回転ということは有り得ません。このスピンの力により、ボールが上昇したり、伸びたり着地後にバックしてくるなどの影響をもたらします。

 

 

スプーン

 

ウッドクラブの名前の一種であり、3番ウッドのことを指します。

 

 

素振り

 

練習として空を切るようにスイングをすることを素振りと言います。打つつもりで空振りした場合は素振りではありません。

 

 

スプリンクラー

 

自動散水機。噴水口を中心にして水を撒き散らす。これにより、雨が少ない時にも芝生に対して水分を送ることが出来ます。

 

スライス

 

打ち放ったボールが右にカーブをしながら飛んでいくことをスライスと言います。逆に左利きの場合は左方向へと飛んでいきます。ボールをカットするように打ちますから右に曲がって行くのですね。ゴルフ初心者にありがちな打ちミスです。

 

 

スライスライン

 

グリーン上において、ボールが右方向へとカーブして行く傾斜もしくは芝目のことをスライスラインと言います。

 

 

スリーサム

 

1人対2人で対戦を行うマッチプレーの事をスリーサムと言います。ゴルフルールでは、1人対2人でプレーをし、両サイドともそれぞれ1個の球をプレーするマッチプレーと規定されています。

 

スリークオーターショット

 

フルショットのときのトップ位置よりも若干低めの右肩当たりでクラブを止めて打つテクニック。フルショットを1とするならば、スリークオーターショットは文字通り、その3/4ぐらいの飛距離になるショットです。

 

 

スリーパッド

 

グリーン上で3回もパットをすることをスリーパットと言います。基本的には、グリーン上では2回以内でホールに沈めるのが標準とされています。

 

スルー・ザ・グリーン

 

プレー中のホールのティグラウンドとグリーン、ハザードなどを除いたコース内の全ての場所のことを言います。

 

 

スルーボア

 

ボアスルーとも言われており、シャフトの先端がソールまで貫通しているものを指します。

 

 

スローバック

 

慌てて打つのはミスに繋がる原因になりますから、ゆっくりとバックスイングをしましょうという意味で使われることが多いです。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加