ゴルフ用語集-と

ゴルフ用語集-と

ゴルフ界で使用される用語集についてまとめていきます。このページでは「と」の用語集です。

 

トウ

 

クラブフェースクラブヘッドの先端部分をトウと言い、その逆の部分はヒールと言います。クラブやパターなどにおいて、トウ・ヒール・バランスと言いますと、バックフェース部分をくりぬいて、ウエイトバランスをトウとヒールに分散したものを言います。

 

 

トウ&ヒールバランス

 

ヘッドの重量配分をトウヒールそれぞれに分散させることで、スイートスポットの範囲を広げることに繋がり、ボールの方向を安定させることを目的としたクラブの設計理論を言います。

 

同伴競技者

 

自分と同じ組で戦うプレイヤーを同伴競技者と言います。同義語にパートナーというものがありますが、こちらはチームを組んでプレーをする味方のことを指します。

 

 

ドーミー

 

マッチプレーで次のホールを仮に引き分けであったとしても勝てることをドーミーと言い、残りホール数とアップ数が同じになった事を言います。

 

ドッグレッグ

 

フェアウェイ部分が犬の後ろ足のような形状をしていることから、ドッグレッグと呼ばれるようになりました。右に曲がっているのであれば、右ドッグレッグ、左に曲がっているのであれば、左ドッグレッグと言います。

 

トップ

 

クラブフェースの下部でボールを捉えていくことをトップと言います。この打ち方により、ボールは低く鋭く飛んでいくか転がって行きます。第1打などで用いるのが有効策であり、グリーンが近づいている状態でのトップはスコアを大きく崩してしまう原因になります。

 

トップスイング

 

バックスイングをした際に、グリップ位置が最も高く上がった状態をトップスイングと言います。バックスイングとダウンスイングの切り返し地点となる重要なポイント。

 

ドライバー

 

1番ウッドのことをドライバーと言います。

 

 

ドライビング・アイアン

 

1番アイアンのことをドライビングアイアンと呼びます。

 

 

ドライビング・レンジ

 

ゴルフ練習場のこと。ドライバーのみの練習場と言う訳ではありませんが、ドライビング・レンジと呼ばれています。

 

 

ドラゴン

 

ドライバーの飛距離を競うドライビングコンテストの略です。コンペの特別賞やトーナメントの余興として楽しまれることが多い。

 

 

トラップ

 

コースを設計した人がコース上に仕掛けた罠の事をトラップと言います。

 

 

トラブルショット

 

バンカーや樹木の中など、通常のフェアウェイと比較して通常の打ち方が難しい位置でのショットの事を言います。

 

 

トリプルボギー

 

規定打数(パー)よりも、3打多くホールを終えることをトリプルボギーと言います。

 

 

トルク

 

シャフトの捩れのことをトルクと言います。シャフトは構造上、しなると同時に捩りが生じてしまいます。捩れが大きくなるにつれショットが不安定になりますから定期的なメンテナンスが必要です。

 

ドローボール

 

打ったボールが勢いが薄れて行く落ち際に、ほんの少しだけ左に曲がるボールをドローボールと言います。フックボールよりも曲がる勢いは小さいですので、距離を稼ぐ分には有効となります。

 

ドロップ

 

プレー中に、ルールに則ってボールを手で拾い上げて、定められた範囲の場所に肩の高さから垂直に落とすことをドロップと言います。池や修理地などのどうすることも出来ない部分にボールが入り込んだ場合の救済措置であり、ドロップをしてボールが完全停止した段階からプレーを再開します。


高反発ゴルフドライバーが新登場!

▼とにかく飛距離を出したい・・・そんなあなたへ!▼

飛ぶ!高反発ドライバー【ハヤブサ】


このエントリーをはてなブックマークに追加